鉄骨と鉄筋コンクリート造の建物修繕がわかる本
販売価格1,980円(税込)
大塚 義久 著
B6判並製/P208
発行:2021/4/20

■修繕を適正に実行するために大切なことは、正しい工事仕様に沿って修繕を考え、判断することに尽きる。
■その修繕工事のルールは、一般の方が誰でも見られるように、国土交通省より仕様書として公開。
■本書は、仕様書(基本原則)に沿って、一般にはまだあまり知られていない修繕の考え方や手順や工法を、多くの建物が必要としている屋根修繕と外壁修繕に絞ってやさしく解説。
■本書では、建物修繕の材料や広報が自分でわかるようになる!
■修繕工事自体は、いずれどこかの工事会社に依頼しなければならないが、今後は自身の健康管理と同様に、建物の維持修繕の内容についても自分で管理することが普通になってくるのかもしれない。本書が、建物修繕の自己管理における何かのヒントとしていただきたい。


【本書の内容】

 第1章  建物修繕とは建物の何を直すためにするのか
 第2章  改修工事の仕様書とは
 第3章  鉄骨造の修繕工事をする際の注意点
 第4章  鉄筋コンクリート建造物の特徴
 第5章  屋上防水修繕の必要性
 第6章  陸屋根に関係する箇所の防水性
 第7章  躯体補修