超人手不足時代がやってきた!小さな会社の働き方改革・どうすればいいのか
販売価格1,728円(税込)

三村 正夫 著
B6判並製/176頁
発行:2018/12/27

 
■日本の総人口の減少は、労働人口の減少をもたらす。となると、中小零細企業では一段と人手不足が深刻化していくことは明らか。人口が増加しない、経済のボリュームが拡大していかない現在の日本で、これまでのように中小零細企業が人を雇い続けて経営していくこと自体がままならない厳しい時代に突入してきたと言えまいか。
■中小零細企業は、フリーランス・個人経営・雇用ゼロなどどを前提にした新しい経営ビジネスも考えていかなければ生き抜いていけない時代になっていくのではないか。
■本書は、迫る超人手不足時代の到来を予測し、労働法の改正、働き方改革法、外国人労働者受入れ拡大を狙いとする入管難民法などを踏まえ、中小零細企業の働き方のあり方などについて解説。


【本書の内容】

第1章 求人難は益々悪化し、人手不足は加速していくばかり
第2章 あなたの会社に人が入社しなくなったらどう対応するか
第3章 あなたの会社の従業員はあと何年間勤務できるか
第4章 雇用ゼロ、フリーランス(個人経営)の時代がやってくる!?
第5章 今こそ見直そう!大企業と中小零細企業の雇用の違い
第6章 人手不足、高齢化社会の中でビジネスは大きく変わる
付録 Ⅰ労働者基準法・Ⅱ労働契約法