苦手なタイプの部下の指導育成のコツ-課長の虎の巻
販売価格1,620円
苦手なタイプの部下の指導育成のコツ-課長の虎の巻

藤原 勝 著
B6判並製/168頁
発行:2016/5/19

部下の育成に自信がないという管理職は少なくない。
本書は、部下育成の具体的な方法について、交流分析の世界的権威であるヴァン・ジョインズ博士とイアン・スチュアート博士が開発した「交流分析による人格適応論(人間理解のための実践ガイドブック)」を応用して、6つの特徴あるタイプの部下にどうアプローチするかを解説。
いわば、筆者の対人関係の失敗と成功の記録のようなもの。さらに部下を持つ方を対象に事例を絞ったので、部下を持って悩まれている方には解決のヒントになる。


【本書の内容】
序 章 総論:タイプ別部下育成の基本
第1章 緻密で疑い深く、確認を求めるタイプにはしっかり説明
第2章 ああ言えばこう言うお茶目な反抗型とは「遊び心」で
第3章 一生懸命だが、柔軟性に欠けるタイプには思考から入り気持ちを認める 
第4章 明るいが、物事を深く考えないタイプには「考えさせる」
第5章 やり手ワンマン型には「ユーモラスに上手を行く」 
第6章 無口で引っ込み思案の部下には発言や行動の期待を伝える
第7章 適応タイプがミックスする場合
第8章 上司としてのタイプ別自己マネジメント