空海の般若心経
販売価格1,760円(税込)
村上 保壽著
B6判/P144
発行:2020/1/28

■空海が『般若心経』を生涯の最後のテーマとして選んだという事実から何が明らかになるのか。あるいは、空海にとって『般若心経』はいかなる意義を有しているのかという問題を『般若心経秘鍵』を通して考える。
■空海が密教の視座から意義づけた『般若心経』の密教的解読とその内容を明らかにする。


【本書の内容】
第1章 空海の時代の『般若心経』
第2章 『般若心経秘鍵』の構成と論述
第3章 正宗分の構成と内容
第4章 空海の視座と「こころ」