東條英機の親友 駐独大使 大島浩-闇に葬られた外交情報戦のエキスパート
販売価格1,870円(税込)
東條英機の親友 駐独大使 大島浩-闇に葬られた外交情報戦のエキスパート
B6判並製/240頁
発行:2014/10/10

大島浩といえば、「ヒトラーナチスの追従者」「暗号を解読され、連合軍に有利な情報を流し続けた人物」で片づけられがちなのは否定できない。 
では、なぜ最後まで、特命全権として、日独政府の信任を得られたのか、なぜ、情報外交戦に通じた人物が、ドイツ軍有利の電報を送りつづけたのか、疑問が尽きない。 
本書では、「敗者は歪曲される」を立証すべく、その典型例として、定説化された大島浩を取り上げ、外交・情報資料を最検証し、多角的視点でその実像を明らかにする。


【本書の内容】
第1章 駐独武官への道
第2章 外交戦 その1
第3章 外交戦 その2
第4章 第二次世界大戦
第5章 独ソ戦と太平洋戦争
第6章 戦局の転換
第7章 最後の攻防
第8章 東條との別れ