大家業の投資・情報・リスク・事業運営のポイント
販売価格1,836円(税込)
大家業の投資・情報・リスク・事業運営のポイント
信濃良昭 著
B6判並製/224頁
発行:2015/1/27

大空室時代を迎えた不動産賃貸事業の先行きは厳しい。 
生き残りをかけて今までの常識とは違う考え方や価値観、行動することが非常に重要。 
先行きが厳しい状況があるのに、依然として旧来のまま不動産事業経営を行っていては、埒があかない。いずれは衰退の道を歩むことになりかねない。 
本書では、大家さんの投資の考え方、情報の扱い方、事業破綻の仕組み、リスク対応、マーケティング、事業経営、最後に傾きかけていた実家の再生と自分で創業した不動産賃貸業について、筆者の行動と成果を交えて解説。


【本書の内容】
第1章 不動産賃貸業の信用調査のポイント
第2章 不動産賃貸事業のリスクと破綻の情報判断
第3章 収益あっての不動産賃貸事業(収益阻害要因)
第4章 企業再生スキルを使った不動産賃貸事業の再構築
第5章 激戦区で成功したマーケティングを駆使した入居対策
第6章 不動産賃貸を事業として捉えることの重要性
第7章 情報活用と心理を読んだ収益物件購入
第8章 実例・火中の栗を拾ったような「マロン荘」の運営