いまさら人に聞けない「役員の給与・経済的利益」の実務Q&A
販売価格1,944円(税込)
いまさら人に聞けない「役員の給与・経済的利益」の実務Q&A

嶋 協 著
A5判/216頁
発行:2007/11/13

平成18年から19年にかけて、従来とは大幅に変わった役員給与は、「定期同額給与」、「事前確定届出給与」、「同族会社以外の利益連動給与」のいずれにも該当しないものと、「それらに該当するものであっても不相当に高額であるもの」・「仮装隠ぺいによるもの」は損金算入を認めないという内容。  
また、「特殊支配同族会社の役員給与損金不算入制度」は、業務主宰役員給与の給与所得控除相当額(所得税の給与所得計算上の控除項目)は、損金算入を認めないというものだ。ほかにも、経済的利益(フリンジ・ベネフィット)に対する所得税課税が、実務上問題となるケースが少なくない。  
本書は、税法上役員はどういう人かという基本的な内容から、最終的に実務上の重要ポイントと実務処理などを多くの事例をもとに、実務的に掘り下げて整理。疑問や悩みに対する答をQ&A形式でわかりやすく解説。  
本書の特色
役員給与の改正後の処理実務がわかる本。
役員の給与・経済的利益の税務取扱い、税務会計処理などがわかる本。
役員の給与・経済的利益に関する税務のすべてがわかる最新版。




【本書の内容】
第1章 税務上の役員・使用人兼務役員・改正内容の税務
第2章 役員給与をめぐる税務
第3章 定期同額給与・事前確定届出給与・利益連動給与の税務
第4章 特殊支配同族会社等の役員給与に関する税務
第5章 役員賞与をめぐる税務
第6章 役員退職給与をめぐる税務
第7章 経済的利益(フリンジ・ベネフィット)をめぐる税務
第8章 会社と役員の取引による経済的利益をめぐる税務
第9章 その他給与とならない現物給与をめぐる税務
第10章 経済的利益の税務取扱便覧

さらに詳しい目次はこちら(PDFファイル:204KB)

アマゾン上位ランク