商業出版、企画出版、原稿持ち込みに関するご相談は出版社「セルバ出版」(東京 御茶ノ水)

自費出版のご相談は「株式会社セルバ出版」東京 御茶ノ水
     
 
 
 
 
 
 
 

実務書・実用本、ビジネス書の「株式会社セルバ出版」では自費出版本の製作支援サービス
にも力を入れております。経験豊かな編集者がお客さまの本づくりをお手伝いします。
後世に残るおすすめ本としてお客さまにご満足、ご納得 いただける完全オーダーメ イドの製作支援
サービスを通じ、これまで多くの企業・個人作家さまの自費出版書籍の編集・出版サポートで
高い評価と実績がございます。

 

製作後、自費出版本を全国の書店で販売するためのご案内

 

自費出版本の書店流通・販売システム

全国の書店での本の販売は、一般的に取次会社を通して行われます。
取次会社は、いわゆる問屋にあたるもので、書籍や雑誌などを出版社から仕入れ、書店に卸売りします。「出版社」→「取次会社」→「書店」のルートは、正規ルートとも呼ばれ、日本国内で発行される出版物の70%以上が、このルートを通って読者のもとに届きます。

現在、書店で販売されている本のほとんどは、委託販売を利用しています。
委託販売は、書店に一定期間委託するもので、この期間内に売れ残った本は、返品することができます。
書籍の委託には、新刊委託や長期委託などの種類があり、委託方法、期間は、さまざまですが、新刊委託の期間は、通常6か月間です。

また、配本部数の判断は、取次会社が行います。これは、ランクパターン配本と呼ばれ、取次会社が書店をランク分けして、上位の書店ほど配本部数は多くなります。配本された本の陳列方法は、書店サイドで決められます。

自費出版本をこの書店流通・販売ルートに乗せる場合は、編集・印刷・製本費用のほかに、部数に応じて別途追加料金をお支払いいただくことになります。セルバ出版では 、書店流通・販売やオンライン販売などについてもきめ細かくサポートさせて いただきますのでお気軽にご相談ください。

 
 
 

>>自費出版トップページ >>自費出版システム >>自費出版の流れ >>自費出版の費用・コスト 
>>自費出版基礎知識 >>自費出版トラブル回避 >>会社案内 >>ご案内図 >>プライバシーポリシー
>>特定商取引記載事項 >>お問合せフォーム >>作家・著者・原稿募集 >>訂正のお知らせ

Copyright (c) 2009 ビジネス実務書 書籍 小冊子 通販 販売 「株式会社セルバ出版」   All rights reserved.